五十肩・四十肩

  • バンザイをすると腕が耳に着かない
  • 上のものを取ろうとすると肩が痛む
  • 子どもを抱っこするときに痛む
  • 腕に力が入らない時がある
  • 肩がポキポキ鳴る

五十肩・四十肩を放っておくと大変なことになるかも

腕が上がらないままになってしまう

そのままにしてしまうと肩の関節が硬くなり自分の力だけでは腕が上に上がらなくなってしまうこともあります。そうなってしまうと回復に長期かかることもあるので早期施術をおすすめします。

首に痛みが出ることも

肩の周りの筋肉の緊張がひどくなると、首の筋肉にまで痛みが及ぶこともあります。

そうなると広い範囲に痛みが出るので非常に辛い時期が続いてしまいます。

朝方、肩が急に痛くなることも

体温が最も低くなる朝方2時から5時ぐらいまでの時間帯に肩の筋肉が冷えてしまい、痛みが強く出てしまうこともあります。そうなると不眠の症状が出てしまうこともあります。

 

肩の筋力が低下してしまう

肩の痛み可動域(腕の上がる範囲)の低下で、肩の筋肉を使う回数が減ってしまいます。

そんな時期が続くと筋力が低下してしまうこともあります。

 

 

五十肩・四十肩の原因

五十肩・四十肩の主な原因は「骨盤・背骨のゆがみ」なのです。

体の中心(土台)である骨盤がゆがんでしまうことで猫背になってしまい、両肩が前の方に巻き込んでしまいます。

その姿勢が続くと肩の筋肉、やがて関節まで硬くなってしまい、腕が上がらない・肩が痛いというような症状になってしまいます。

四十肩・五十肩施術の3ステップ

①羽田野式ハイボルト施術で肩の痛みを緩和

まずは痛みを緩和!!

肩の関節、筋肉、神経にハイボルトという電気施術機で通電し五十肩や四十肩が原因で

出現している痛みを緩和していきます。

 

②骨盤矯正で背骨、肩の位置を正常に戻す

肩の不調は猫背や肩の巻き込み状態から起こることが多いので、

その状態をトムソンベットで矯正して整えていきます。

 

 

③腹筋トレーニングで良い姿勢を維持

特許取得、複合高周波「楽トレ」で腹筋のインナーマッスルを鍛えて、

猫背にならない体を作りましょう。