坐骨神経痛

  • 腰・お尻がシビレている
  • 前傾姿勢でお尻からふくらはぎまでピリピリする
  • 腰からお尻がダルい
  • 夕方になると足が重くてだるい
  • マッサージに行っても良くならない

坐骨神経痛をそのままにすると大変

足やおしりのシビレがひどくなる

シビレがどんどん辛くなっていき、常に足やお尻にシビレがでてしまう。

こうなる前に早期の根本回復を目指しましょう。

椎間板ヘルニアなどが起こっているかも

坐骨神経痛を起こす原因として椎間板ヘルニア、変形性脊椎、 脊椎分離すべり、脊柱管狭窄などがあります。

ふくらはぎの筋力が低下することもあります

坐骨神経痛をそのままにすると、お尻から足を通っている神経・血管の流れが悪くなりやがて筋力が低下して、片足だけ細くなってしまうこともあります。

そうなると回復までに長期間かかってしまう可能性がありますので要注意!

 足の冷えがひどくなることも

「もともと冷え性だから足の冷えはしょうがない」

もしかしてその冷え坐骨神経痛が原因かもしれません。

 同じ姿勢を長時間とれなくなってしまう

立ちっぱなし座りっぱなしの姿勢が続くと筋肉が緊張してシビレがひどくなってしまうこともあります。これではなかなか仕事や育児に集中できませんよね。

 

 

坐骨神経痛の原因!

坐骨神経痛とは腰→お尻→モモの裏→ふくらはぎとシビレていく症状のことです。

この原因は椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、 脊椎分離すべり症、脊柱管狭窄症など様々ありますが、体の中心(土台)である骨盤・背骨のゆがみが原因であることがほとんどです。

骨盤がゆがみ腰からお尻にかけての筋肉が緊張し、血行不良が起きてシビレが出てしまいます。

 

 

 

坐骨神経痛施術の3ステップ

①ハイボルテージ施術、鍼で痛み、しびれを緩和

狭山ヶ丘バランス整骨院では、まず、矯正をする前にハイボルテージで神経、筋肉に直接電気を流して痛みやシビレを緩和させます。

 

 

②骨盤矯正で坐骨神経痛の原因の体の歪みを改善します

坐骨神経痛の原因となる骨盤の歪みを骨盤矯正で改善します。

 

③しびれが出にくい体に

お腹引き締めマシン「楽トレ」で腹筋を鍛えてゆがみにくい体を

作っていきましょう。